しらない土地のしらない人々

SOLO EXHIBITION

支援:広島市 文化芸術の灯を消さないプロジェクト

会期: 2020年9月19日 - 9月27日

時間:13:00 - 19:00

会場 : 広島芸術センター 

〒730-0825

広島県広島市中区光南2丁目17−1 小中ビル​

時間:12:00 - 19:00

入場無料

Hiroshima Art Center is pleased to present "Strangers in a strange place" a solo exhibition by Ryoko Furukawa.

Furukawa is a young artist based in Hiroshima, working mainly in drawing and other painting media. This exhibition consists mainly of works created as a result of Furukawa's own encounters with folklore.

 Furukawa attempts to trace the function of folklore in reaffirming the distance between the self and the other, and by overlapping it with the relationship between the painting and the viewer in the appreciation of painting, he attempts to make the painting have the effect of reaffirming the viewer's presentness. Looking at others is nothing other than looking at oneself, and we look forward to Furukawa's attempt to capture that gaze itself in the form of a painting.

この度、広島芸術センターは、古川諒子 個展「しらない土地のしらない人々」を開催します。

古川は広島を拠点に活動する若手アーティストで主にドローイングなどの絵画制作に取り組んでいます。本展は、古川自身の民俗学的なものとの出会いをきっかけに制作された作品を中心に構成しています。

 古川は、民俗学の持つ自己と他者の距離を再認識するような機能をトレースし、絵画鑑賞における絵画と鑑賞者の関係性に重ねることで、絵画に鑑賞者の現在性を再認識させる作用を持たせることを試みています。他者を見つめることは自己を見つめることに他ならず、その眼差し自体を絵画として取り出そうとする古川の試みにご期待ください。

photo : Kensuke Hashimoto