STATEMENT

言葉から連想されるイメージや、会ったことのない人や訪れたことのない場所をモチーフに絵画を制作している。それは視覚によって記憶されたものや思い込みへの抵抗として行なっている。

 

絵画は元より、記録された風景を端的に伝える役割がある。しかし、虚構を描くのに最も適したメディアは絵画ではなく、文学こそが最適解だと考えている。時間や空間に囚われず、各々の考える虚構を作り出すことのできるのは、視覚情報がない文字のみである。

 

その中で私が絵画を制作するのは、絵画がもつ「どこにあなたがいるのか」という問いが文学を超えられる力を持つと確信しているためである。虚構の前に立つときに現れる現実との乖離は、絵画のもつ特性であり、「ここではない」フィクションの世界と「ここ」である現実をつなぐ役割がある。絵画を制作することで、その両端を繋ぎ合わせることを目的としている。

 

 

 

 I create paintings using images associated with words, people I have never met, and places I have never visited as motifs. I do this as a way of resisting what is visually remembered and what is assumed.

 

Paintings originally have the role of conveying the recorded landscape in a straightforward manner. However, I believe that the most suitable medium for depicting fiction is not painting, but literature. Only the written word, which has no visual information, can create the fiction that each of us thinks of without being confined by time or space.

 

In this context, I create paintings because I am convinced that the question "Where are you? The divergence from reality that appears when standing in front of fiction is a characteristic of painting, and it serves to connect the world of fiction, which is "not here," with reality, which is "here. By creating paintings, I aim to connect these two ends.