Solo Exhibition

"Cutting/Pasting The fan's wings spin"


June 10 - 27, 2022

Fri-Mon: 13:00-19:00 | Sat-Sun: 11:00-17:00

(Closed: Tue, Wed, Thu)

MONO.LOGUES

#101 5-30-16 Nakano, Nakano-ku, Tokyo




個展「回る羽根を切る/貼る」


2022年6月10日 - 6月27日

金月:13:00~19:00 | 土日:11:00~17:00

(クローズ:火水木)

MONO.LOGUES

東京都中野区中野5-30-16 メゾン小林101


「新しいものを生み出すために、自分というものから遠ざかってみたい」と、今回の展示にあたって古川はそう話しています。「自分」とは、言い換えるならば、一つの癖のようなもの。思わず知らず、私たちが持っている知識、とっている行動には何かしら偏りがあるもので、むしろそうやって私たちは生をデザインするわけですが、しかし裏を返せば(そして嫌な言い方をすれば)偏見と偏向に満ちているともいえます。「私」から生まれる発想も行為も、しょせんは「私」から組成されるものに過ぎないと、そんな風にも解釈できます。

今回の古川は、そうした自分というリミテーションを離れた先にこそ新しい絵画があるのではないかという問いを立て、カットアップと呼ばれる、ある特定のテキストを分解し、別のテキストに再構築する文学技法を採用しました。自分とは関係もなく脈絡もない、つまり「私」の外にある言葉を刻み、つなげ、そうして生まれた言葉をタイトルとして設定し、そこを出発点としてモチーフや構図を選び、絵画をつくっていきます。

もともと、古川はステイニングというタイムコントロールの効きにくい手法をとってきました。今回取り入れた手法も同じくアンコントローラブルなものですが、このように作者の指揮権を乱し、弱めるような不安定な状況をあえて生み出し、そこに佇みながら絵画制作にのぞむことが、つまり彼女なりの「自分から遠ざかること」の実践であり、同時に「新しいものを生み出すこと」の実験なのでしょう。

とはいえ、それでも作品に注がれる古川の「私」が完全消滅するかといえば、それはまた別の話。言葉のチョイス、色彩の調整、線の引き方など、一つの絵画において彼女自身のジャッジが下される局面は多々あります。古川も「自分を消す」ではなく「自分から遠ざかる」というニュアンスで話すように、今回の取り組みは、言うなれば画家と絵画という「=」でもないし「≠」でもない、因果のような運命のような、あるいは呪いのような結びつきを、少し俯瞰して眺めることに狙いの一端があるのかもしれません。離れ去ることもできない、かといって一体化もしたくない、「私」と作品の間にある距離感をどうデザインするか、またどのようにして「私」から生まれながらも「私」も知らない、むしろ誰も知らないところで暗くきらめいている絵を掘り起こすか。その問いに取り組む画家の様子が、会場で垣間見えることでしょう。


(テキスト/ コーディネート: 奥岡 新蔵 )



biscuit gallery first anniversary exhibition

grid


Venue: biscuit gallery (Shibuya)

Dates: March 3 (Thursday) - March 27 (Sunday), 2022

First period: 3/3 - 3/13, Second period: 3/17 - 3/27


We will participate in the second semester. Thank you for your cooperation.



Opened in March 2021, biscuit gallery will celebrate its first anniversary in March 2022.

This exhibition, "grid," will be held as a group exhibition for the first anniversary, featuring approximately 50 artists who have exhibited at biscuit gallery in the past, those who will exhibit in 2022, and artists who are the focus of our attention.

The exhibition will be held from March 3 (Thursday) to March 27 (Sunday), 2022, and will be divided into the first and second halves. The exhibiting artists are scheduled to participate in either the first or second exhibition period.

As the exhibition title "grid" suggests, each artist will display his/her work on one wall and one stand. We hope you will enjoy the works of each of the 50 artists, which will be presented in the space separated by each wall and each display stand.





biscuit gallery first anniversary exhibition

「grid」


会場:biscuit gallery(渋谷)

会期:2022年3月3日(木)〜3月27日(日)

※前期:3/3〜3/13・後期:3/17〜3/27

後期の会期に参加します。



2021年3月にオープンしたbiscuit galleryは、来たる2022年3月で開廊1周年を迎えます。

本展「grid」はこれまでbiscuit galleryで展示した作家、2022年に展示する作家、注目の作家を合計約50名迎え、1周年のグループ展として開催いたします。なお、展覧会の会期は前期と後期に分けられ、2022年3月3日(木)〜3月27日(日)の開催。展示作家は前・後期いずれかの会期に参加する予定です。

本展の展示方法は、展覧会タイトル「grid」の通り、1作家につき1つの壁面、1つの展示台に作品を展示するスタイルです。壁面ごと、展示台ごとに区切られたスペースで表現される、50名の作家それぞれの作品を楽しんで頂けましたら幸いです。





Inch by Inch


Dates: March 11 (Fri.) - 13 (Sun.), 2022

Hours: 11:00-20:00

Artists: Ryoko Furukawa, Tatsunori Yamaguchi

Venue:Tamenatai Gallery, Tsurumicho Labo

Address: 404, No.2 Misawa Copo, 9-6 Tsurumi-cho, Naka-ku, Hiroshima

Organized by: Tamamentai LLC



Furukawa and Yamaguchi both studied painting at Hiroshima City University and its graduate school, and will complete their master's degree this spring. Through an exhibition of small works and drawings, they will look back on the transition of their six years of study of painting in Hiroshima.

Furukawa creates works that depict signs of existence and anonymous stories with a light touch. In his recent works, he has been developing a series of paintings that he creates using as a clue a text written by a third party that has been cut up and reconstructed.

Yamaguchi continues to work on the "Age of Myth" series, which depicts "what it means to be human" for machines to have intelligence.

The title of the exhibit, "Inch by Inch," is taken from a picture book by Leo Leoni (Japanese title: "Hitoashi Hitoashi" (translated by Shuntaro Tanikawa)). The exhibition traces the process of production activities in Hiroshima, which the two artists, both of whom were never anything at all, have been engaged in, and the footsteps that led them to expand the scope of their activities.




Inch by Inch


会期:2022年3月11(金) – 13日(日)

時間:11:00-20:00

作家:古川諒子、山口達典

会場:タメンタイギャラリー 鶴見町ラボ

住所:730-0045 広島市中区鶴見町9-6 第2三沢コーポ404

主催:タメンタイ合同会社



古川と山口はともに広島市立大学と同大学院で絵画を学び、この春博士前期課程を修了します。広島で絵画を学んだ6年間の変遷を、小作品とドローイングの展示を通じて振り返ります。

古川は、存在の気配や匿名の物語を淡いタッチで描く作品を制作。近作では第三者が書いた文章を切り刻み、再構成した文章を手がかりに制作する絵画シリーズを展開しています。

山口は、知性を持った機械のために「人間とは何か」を描いた「神話の時代シリーズ」を継続的に手掛けています。

展示タイトルの “Inch by Inch” は、レオ・レオニの絵本(邦題:「ひとあしひとあし」(谷川俊太郎 訳))から引用したもの。何者でもなかった2人が愚直に積み重ねた広島での制作活動の過程と、活躍の幅を広げていくに至る足跡をたどります。