引越しをするたびに、自分の半身をその家に残していくような気がする。

もう何度も引っ越し、今は自分の実体がほとんどない。

学校や職場や通い慣れた場所にも半身を残して、それらはもう一度拾い集めることができる。けれど家に限っては二度と入れない。住んでいた家の前を通るたび、まだそこに住んでいる私がこちらの半身を狙ってくる。

ほとんどなくなった実体を取り戻すための手記。

 

Every time I move, I feel leaving my body in the house. I have moved many time, and now I have little substance.

Leaving the other half of body at school, at work or in familiar places, they can be picked up again.However, I can't enter the house again. Every time I pass in front of the house where I lived, I still live there, aiming for this half of the body.A memorandum for recovering the almost lost entity.